蔵元紹介

ご挨拶

毎日飲める飽きの来ない味
ガツンと来る味よりも やわらかく 寄り添うような日本酒を

蔵元紹介
蔵元紹介

銘醸 『天穏』 の蔵元、板倉酒造は明治四年の創業。板倉家九代佐次郎が酒造りをはじめ、現在の当主十四代板倉啓治は酒造り六代目。

天穏という酒名には 当家の宗門である日蓮宗本山要法寺管主だった 当塩冶出身の坂本御前により大正五年に命名されました。仏典にある 『無窮天穏』 という言葉から名づけられたという由来があります。 天穏の特色は“味と香り”。出雲地方においては”よその酒とは一味違うよさがある”と当時より好評をいただいていたようです。


一貫した技と水と原料米への徹底したこだわり。酒米には豊かな自然に恵まれた島根県産の酒造好適米 山田錦、改良雄町、佐香錦、五百万石とともに兵庫県産山田錦米を自家精米で磨き上げ、仕込水は出雲の北山々系、 鳶巣本陣の伏流水で中硬水を使用し、元気のいい発酵を特色としています。


これからも代々の出雲杜氏により受け継がれてきた 『天穏』を多くの方に楽しく飲んでいたけるよう、磨き、高めてまいります。

蔵の歴史


蔵元紹介

明治4年創業
全国新酒鑑評会金賞受賞蔵

創業は1871(明治4年)代を重ね酒造りの歴史は140有余年。酒名『天穏』は日蓮宗の経文から抜粋して命名した由緒あるものです。“味と香りに生きる手造りの酒”をモットーに、出雲に神々を迎える神在月から酒造りが始まり、寒い冬を越えて蔵の桜並木が満開になるまで、蔵人達の手による生酛造り等の穏やかな香りで味わい深いお酒を醸しています。

『天穏』は全国新酒鑑評会で通算九回の金賞を受賞し、また広島国税局の中国五県の鑑評会では春と秋の四回優等賞を得ています。当地出雲は出雲風土記にもありますように、酒造りの発祥の地として佐香神社もあり、出雲を代表する銘酒として多くの人に親しまれています。

1977年(昭和52年)
全国新酒鑑評会金賞受賞
1987年(昭和62年)
全国新酒鑑評会金賞受賞
1988年(昭和63年)
全国新酒鑑評会金賞受賞
1989年(平成元年)
全国新酒鑑評会金賞受賞
1990年(平成2年)
全国新酒鑑評会金賞受賞
1993年(平成5年)
全国新酒鑑評会金賞受賞
松本梅一杜氏 現代の名工に認定
1994年(平成6年)
全国新酒鑑評会金賞受賞
1996年(平成8年)
全国新酒鑑評会金賞受賞
1997年(平成9年)
松本梅一杜氏 黄绶褒章受賞
2002年(平成14年)
全国新酒鑑評会金賞受賞
2009年(平成21年)
蔵元板倉靖雄 黄绶褒章受賞
2010年(平成22年)
生酛造りを復活させる
2014年(平成26年)
広島国税局鑑評会  燗酒部門優等賞 
特別純米馨
2015年(平成27年)
広島国税局鑑評会  燗酒部門優等賞 
生酛純米酒
   
 
 
 
 
 
 
天穏 生酛純米酒 会 燗酒部門優等広島国税局鑑評賞