■電話でのお問い合わせ (0853)21-0434 ■メールでのお問い合わせ
「天穏」の純米造りは、どれも厳選した酒造好適米を自家精米で磨き上げています。少量ずつ手洗いで限定吸水し、強い乾燥蒸気で外硬内軟の蒸米に仕立てる。そして蓋麹法や箱麹法で酵素力の強い麹を造り、がっちりと暖気(だき)を効かせて強健な酒母を育て一トン以下の小仕込で醪を仕込みます。長い日数を掛け低温で醪を醗酵させ米の芯だけが酒になる。
そんなコストの高い贅沢な造り。甘さが消えて香味が調和した醪を、昔ながらの酒槽(ふね)で搾ります。皆様方に喜んで飲んでいただける酒を造りたい。今宵一献、出雲の純米酒「天穏」をご愛飲下さい。
純米無濾過生原酒
1.8L詰 2,970円(税込)
720ml詰 1,490円(税込)
純米大吟醸
1.8L詰 7,020円(税込)
720ml詰 3,456円(税込)
純米吟醸
1800L詰 3,672円(税込)
720ml詰 1,836円(税込)
300ml詰 615円(税込)
純米吟醸 佐香錦
1.8L詰 3,564円(税込)
720ml詰 1,782円(税込)
辛口純米酒 馨
1.8L詰 3,024円(税込)
720ml詰 1,512円(税込)
カップ180ml詰 313円(税込)
生酛 無濾過純米酒 白ラベル
1.8L詰 2,970円(税込)
720ml詰 1,490円(税込)
純米原酒
1.8L詰 2,916円(税込)
720ml詰 1,458円(税込)
純米酒
1.8L詰 2,538円(税込)
720ml詰 1,274円(税込)
300ml詰 486円(税込)
無濾過純米酒
1.8L詰 2,268円(税込)
純米にごり
1.8L詰 2,808円(税込)
720ml詰 1,404円(税込)
販売者 板倉酒造有限会社
責任者 代表取締役 板倉 啓治
所在地 〒693−0021 島根県出雲市塩冶町468番地
メールアドレス shop[アットマーク]tenon.jp
※[アットマーク]を@に変えてください
電話番号 (0853)21-0434
ファックス番号 (0853)21-3593
商品代金以外の
必要料金

●送料
お買い上げ金額が10,800円以上の場合、送料は当社が負担いたします。
クール便対象商品は、通常送料に一口あたり216円上乗せいたします。

●代引手数料
お買い上げ金額が
・1万未満〜  324円
・1万円以上〜3万円未満  432円
・3万円以上〜  864円

●消費税

すべての商品の価格、送料は税込みで表示しています。

送料について

送料一覧表をご用意いたしました。こちらをご覧ください。

※お買い上げ金額が10,800円以上の場合、送料は当社が負担いたします。

商品のお取り替え
ご返品について
当方品違いの場合を除いて、お客様のご都合によるご返品および商品交換は品質上お受けできません。また輸送中の破損品等が認められた場合はお手数ではございますが当社までご連絡頂き、ご返品いただきますようお願いいたします。送料は当社が負担いたします。
お支払い方法

●クレジットカード決済
商品のご注文後に画面に表示されるメッセージに従がってお支払いください。
特定商取引法の表記
【ご利用いただけるクレジットカード】
特定商取引法の表記


●代引き
代引き手数料はお客様ご負担とさせていただきます。ご了承くださいませ。
[代引き手数料]
お買い上げ金額が
・1万未満〜  324円
・1万円以上〜3万円未満  432円
・3万円以上〜  864円


●郵便振替
ご注文確認メールが到着後、3日以内にご入金ください。入金確認後、配送いたします。振り込み手数料は弊社負担とさせていただきます。
【振込先】01490-3-3712 板倉酒造有限会社


●銀行振込
ご注文確認メールが到着後、3日以内にご入金ください。入金確認後、配送いたします。振り込み手数料はお客様負担とさせていただきます。
【振込先】山陰合同銀行出雲支店 普通 3802507 板倉酒造有限会社

引渡し時期

●お支払い方法が代金引換の場合
月曜から金曜は午前中にご注文確認ができた場合、当日の発送が可能です。それ以外は翌日の発送となります(金曜午後ご注文分は翌、月曜日配送となります)。
土・日・祝日は翌営業日の発送となります。
お客様のご希望指定日にお届けすることも可能です。


●お支払い方法が銀行振込か郵便振替の場合
ご入金を確認の翌日、発送いたします。お客様のご希望指定日にお届けすることも可能です。

※万一、品切や天候等の理由により発送が遅れるような場合は、事前にご連絡いたします。
板倉酒造有限会社 〒693-0021 島根県出雲市塩冶町468番地
TEL (0853)21-0434 FAX(0853)21-3593
アルコール飲料は、未成年者の購入はできません。未成年者の飲酒は法律で禁止されています。
copyright(C)itakura-syuzo.all rights reserved.